一般財団法人 東京都高等学校野球連盟

甲子園の活躍
東海大学菅生高等学校
第87回選抜高等学校野球大会 東京代表校 東海大学菅生高等学校ホームページへ
校長 北川 裕司
東海大学菅生高等学校 校長 北川 裕司
  東海大学菅生高等学校野球部が、第87回選抜高等学校野球大会に出場できましたことに大変感激しています。10年ひと昔といいますが、本校は9年ぶりの出場ということで、選手たちには初出場と同じだよと言いましたし、これから菅生の新しい歴史を刻んでいくんだよと言い続けてきました。
  甲子園での活動は、大阪桐蔭高等学校との試合で終わってしまましたが、結果はともかく、甲子園の地を踏みしめた選手には感慨深いものがあったと信じています。野球部の諸君には捲土重来を期してほしいと願っています。私がうれしかったことは、本校生徒をはじめ保護者の皆様や、多くの地域の方々・OBの方々でアルプス席を埋め尽くした応援ができ、菅生高等学校が一つになれたことでした。
  出場に際して親切なご助言をいただいた、東京都高等学校野球連盟および毎日新聞社、そして学校関係者以上の応援をいただいた地元あきる野市およびご支援をいただいた多くの皆様に改めて御礼申しあげます。ありがとうございました。
1回戦のスコア
硬式野球部 責任教師 遠藤愛義
この度の9年ぶり3回目となります第87回選抜野球大会出場に際しましては多くの皆様より物心両面にわたる支援をいただきまして誠にありがとうございました。
高校野球が始まり100周年の記念すべき年に選抜され、出場できましたことは学園関係者にとっても大変感慨深いものがあります。
選抜大会初勝利、初優勝を目標に戦いましたが初戦敗退となりました。しかし、チームにとってはかけがえのない貴重な体験を積むことができました。これもひとえに日頃からご支援いただいております東京都高野連をはじめ、皆様方のおかげと感謝申し上げます。
硬式野球部 監督 若林弘泰
第87回選抜高等学校野球大会に出場させていただき、誠にありがとうございました。高校野球が始まり100周年にあたる記念の大会に出場できたこと、また皆様方のご支援、ご声援に心より感謝しております。
東京都代表として何とか結果を出そうと臨んだ大会でありましたが、開会式当日の初戦で夢破れてしまいました。今後はこの悔しさを胸に、甲子園の舞台で選手が輝けるよう更なる努力をし、日本一を目指します。
今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
■写真提供:東海大学菅生高等学校